読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓場から始まる、受験物語

最近勉強量が増えて更新ペース乱れると思います。

志望分野の変遷~今に至る 後半

勉強

四度目の化学変化によって、早稲田志望として始動した受験勉強。おそらく最後になるかもしれない変化が、ついこの間起こりました。

 

ドイツ語と、ドイツ語圏について学びたいという意志を押し出すことにしました。

ドイツ語に興味を持ったのは、中二、実際に中二病真っ盛りの時でしたが、進撃の巨人のアニメが放送されていて、そこでOPに使われているドイツ語を聞いて、あまりにもかっこいいので勉強しようと思ったわけです。

 

が、当然中学生ですから、外国語を独学するなんていう発想もなく、そのまま流れていきました・・・

 

それでそこから3年半ほど経ち、実際に学ぼうと決めたわけです・・・

言語自体もともと興味があって、ほかに興味のある言語として

ラテン語ギリシャ語・フランス語・ロシア語・ウクライナ語・グルジア語・フィンランド語などがあります・・・

まあなんというか、言語だけでなくて、海外の文化とかも興味ある感じですね。

多分Twitterでずっとそんなことを呟いてた気がしますが・・・

 

それで志望大学が変わり、ほぼ確定したものとして

 

東京外国語大学 言語文化学部(独)

早稲田大学 文学部(独文)

早稲田大学 教育学部 複合文化学科

 

東外大自体、センターが極めて軽く、二次偏重な上に二科目なので、それなりに相性はいいのではとは思いますが、英語のリスニングが一番のキモになってくると思います。

もともと勉強の優先順位は 英>>国≧世だったんですが

少し変わりまして、英>>>>>国≧世になった感じですね。

法、政経を志望から外したので、国語と世界史の比重が爆落ちした上に、国語の記述も必要なくなりましたが、やはり英語の比重の増加が大きい。。。

 

まあむしろ今まで早慶志望で英語をあまりやってこなかったこと自体が異常なんですけどね。言語好きとは言いましたが英語はあまり好きではないので・・・

ただ、英語の勉強のモチベーションとしては、京都住みなら一度は経験したであろう「外国人に質問された」経験ですね。

そこであまりうまく話せなかったのですが、向こうはなんとか理解してくださって、屈託のない笑顔を見て、英語をもっと上達させよう!と思ったわけです・・・

まあ入試に英語がなかったらほとんど勉強しないんでしょうけど・・・

 

というわけで、以上が僕の志望の変遷でした。