読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験生が一年間頑張ってみるブログ

1日5時間勉強なんてむりでーーーーす

国公立受験の苦痛

僕は一応第一志望として国立大学を選んだ(私立もですけど)ので、たくさんの教科を勉強しています...

 

それだけならいいんですが、国公立大学のメリットを僕はあまり感じておらず、唯学問と立地で選んでいるので、尚更しんどいです。

学費が安くて親孝行とか、科目数多いから入学者のレベルが高めとか言われてますが、僕としては「お金気にするぐらいなら250万も払う(払ってもらう)のがそもそも馬鹿らしい」「入学者のレベル高くても自分が低ければ意味ない、逆も然り」って感じです。

 

文系だからセンターはまだ楽なんですけど。

基礎なし理科もやった身としては、理科基礎に比べて基礎なし理科がどれほど過酷か知っているので...

社会一個増えるより相当ハードだと思います。

特に、音源と壁と人が動くドップラー効果の問題がわけわからんかった。

 

そろそろメシ食います...

Guten Tag alle zusammen

ブログ書きたいんですけど、いちいちパソコンの前に座るのが面倒なので、iPhoneで一からやり直すことにしました。

 

いよいよ一週間後には始業式です...

どんなメンバーになるかは、まあ大体わかってるんですけど...

それよりも、なにか学校が改革を起こしてほしい。

そんな簡単に起こせるものでもありませんが。

超自称進学校なんで、改善してほしい部分は山ほどある。

休日講習無くすとか。

講習は自由参加の学校も多いそうですが...

こちらの需要を無視して一方的に行われる講習に意味はありません。

「子供が勉強している」ことで安心感を得る教師と親はいいんでしょうが、肝心の子供はよくありません。

今時完全管理のもと勉強するのを好む子供なんているんですかね。